SamsungがGalaxy Note7の製造を一時停止へ

スポンサーリンク

f:id:ak1aims:20160803205959j:plain

バッテリー爆発問題が再燃したGalaxy Note7ですが、製造元であるSamsungが同機種の製造を一時停止することが判明しました。

これはリコール済みの個体でもバッテリーが爆発・発火する事象が相次いで報告されたことを受けたもの。

報道元のYONHAP NEWSでは、Samsungに部品を供給するサプライヤーの関係者が匿名を条件に明かしたものとしています。

既に米国ではAT&TとT-Mobile USAが既にGalaxy Note7の販売とリコールに伴う本体の交換の受付を停止しています。

リコールにより安全が確認され問題が沈静化すると思われたGalaxy Note7ですがこの問題はまだまだ尾を引きそうです。

筆者としてはバッテリーの問題さえなければ間違いなく2016年のベストバイなスマートフォンだと思っているので早期の決着に期待したいところ。

再度の爆発・発火事故から既に数日が経過していますのでSamsung側による原因の発表は数日中に行われるのではないでしょうか。

Source:Samsung reportedly halts Galaxy Note 7 production | Engadget

※日本経済新聞でも報道がなされました。サムスン電子、「ノート7」の生産停止 発火事故で  :日本経済新聞

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です