綾野ましろのワンマンの最前列のチケットが5万円でチケキャンに出品中

スポンサーリンク

自身の誕生日でもある4月23日に品川ステラボールにてワンマンライブを開催する綾野ましろさん。

先日、特定の客に対して運営側が転売に関する注意を行ったことが話題になりましたが、そのワンマンライブの最前列のチケットが異常な高値で転売サイトに出品されていることがわかりました。

スポンサーリンク

定価の約10倍の価格で出品

今回チケットが転売されているのはチケットキャンプ

その価格はなんと

定価が5000円前後のチケットで49,999円と定価のおよそ10倍の価格で出品されています。

もちろん近くで見たい人はそれなりの価格を出してでも前で見たいとなるんでしょうが5万も出す価値があるのかというと疑問。

何よりもこれは明らかな営利目的の転売行為であり、決して許されることではないですね。

こちらの記事で紹介したものはまだ定価割れですから言い訳は利きますが今回の出品者は明らかにアウト。

転売ヤーを儲けさせるためにアーティストは公演を開催するわけじゃないんですからこういうのはさっさと規制できるような体制の整備が急務なのではないでしょうか。

チケキャンは販売価格に上限を設けるべき

なによりもチケットキャンプ自身がしっかりと高額転売にノーを突きつけるような姿勢を見せるべきです。

公式サイトでは転売目的の販売はお断りの文言も実態は野放し

チケットキャンプが出品される価格の一定割合を手数料として徴収することで利益を生み出すビジネスモデルである以上、販売されるチケットの価格が高ければ高いほどチケットキャンプが儲かるようになっています。

当然会社としては利益を生めれば生めるほどいいわけですが、各プレイガイドが営利目的のチケット購入を規約で禁止している以上、2次販売サイトたるチケットキャンプもそのあたりはしっかりと遵守するシステムを整えるべきです。

一番悪いのは転売ヤーですが、放置している方も責任は大きい。

主催者側も売れればあとは関係ないという姿勢ではなく、しっかりと対応すべきなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ!

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です