高額転売対策でチケット公式転売サイトが4月に開設も別の対策を考えないと意味がない。

スポンサーリンク

近年、コンサートやライブの開催数が増えてきていますがそれに伴って増えているのがチケットの高額転売。

ヤフオクやチケットキャンプといった仲介サイトを通じて個人でも簡単にチケットの再販ができるようになったことでここ最近はチケットの争奪戦も激しさを増すばかりでそれにともなって人気公演だと定価の何十倍もの価格で取引がされるといったことも。

当サイトでもチケットキャンプでの高額転売チケットを簡単に違反通報できるツールを紹介していました。

チケットキャンプの高額転売をまとめて通報できるチケキャンEXが便利

この記事は結構アクセス数が多くSNSでもご紹介いただける機会が多いので皆さん転売に対する関心は高いのかなと感じています。

昨年はアーティストやイベント主催者側がチケットの高額転売に対する声明を出し、ニュースで取り上げられたことで世間一般にもチケットの高額転売問題がある程度認知されるようになりました。

チケット転売問題

そして2017年4月から具体的な対策の一つとして「公式転売サイト」を開設することが明らかになっています。

スポンサーリンク

 

効果には疑問

現段階では読売新聞の報道「チケット高値転売、公式サイト新設で歯止めへ : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)」ぐらいしか情報が出ていないので詳しいことは明かになっていませんが、基本的にはチケットを購入したが都合により行けなくなった方とチケットを購入したいが購入できなかった方を仲介するような仕組みになると予想されます。

価格は高額転売対策で導入されるものなので高くても定価となると予想。

結局これってチケットキャンプとかでもたまーに見かける定価以下販売とかと変わらないですからわざわざ運営側がコストをかけてまで作る意味があるのかは疑問。

また、営利目的の転売ヤーがチケット公式販売サイトで定価近くで仕入れてそれをチケットキャンプなどで高額転売するといったような、ただ単に転売ヤーの餌食になる可能性も考えられます。そんなことになったらまさに本末転倒。

 

チケットの払い戻しと入場の認証システムをセットで導入すべき

個人的にこういった「公式転売サイト」といった仕組みって「我々は具体的な対策をとってます」といったポーズにしか感じられません。

勿論何もしないよりは全然いいとは思うんですけれども、いろいろと現場に足を運んでいる身としては「公式転売サイト」の導入よりもチケットの払い戻しを認めたうえでプレイガイドが再販するべきなのではないかと思います。

チケットの払い戻し方法も現状ですでにコンビニ発券に関してはコンビニにて払い戻しが可能となっていますし、プレイガイド直発送のものに関しても返送を確認した時点で払い戻し処理を行うといった仕組みがあります。(少なくともチケットぴあに関しては)

このあたりはすでにシステムとして存在するわけですから悪意のない転売に関しては主催者側がそこまで個人による再販を嫌うのであればある程度は減らせるようになるのではないでしょうか。

また、悪意のある転売に関しても防止策としては転売チケットでは入場できないような仕組みを作ることで転売チケットを購入することを抑止するようなシステムが望ましいですが、アニソンや声優のライブでよくあるような入場後に無効座席とわかるような仕組みや、肩トントンでドナドナといった仕組みはあまりにもナンセンスだと思います。

必要なのは事前に対策を行うことをチケット発売段階でアナウンスをすることなのではないでしょうか。

現在は紙のチケットが主流で本人確認がある場合はチケットと一緒に身分証明書類を係員に提示して入場するといったことが多いですが、最近はカメラも小型化してますし身分証って誕生日やら住所やら個人情報が多数載っていますので正直個人情報保護という面では不安があります。

どうせいろいろ仕組みを作るのであるならばたいていの国民が1枚は持っているといわれるSuica、PASMOなどのFeliCaにチケット情報を載せるなり、チケット購入時にFeliCaの固有IDを登録→入場時に専用の機械で読み取ってサーバー上の情報と照合→その場でレシートに近いものを印刷といった仕組みがあってもいいと思います。

まあこれはLCCのジェットスタージャパンが搭乗ゲートでやっているボーディングパスのQRコードをリーダーで読み取り→レシート印刷といった仕組みの丸パクリですけれども。

まあこういった仕組みはあくまでも主催者側が考えることなので筆者のような一人の客が口を出すのはそもそも御門違いなわけですが、客目線で行っても運営側は口だけで何も友好的な対策を打ち出していないところが多いと感じます。

冒頭で紹介した定価の何十倍もの価格で取引されている事例はそもそも需要に対する供給計画が間違っているんだから会場の規模とか日程を見直すべきなんじゃないのという気もします。

チケットの高額転売については何年も議論されていることなのでなかなかすぐに100%解決するということはないとは思いますが、技術・システムは確実に進歩しているので具体的な対策をとっていただけることを切に願いたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です