まだLiSAのライブマナー論争で消耗してるの?

スポンサーリンク

今年も筆者にとっては無縁のバレンタインの季節がやってきました!

ということはLiSA現場に足を運んできている人ならわかるかとは思いますが、LiSAのFCイベ「LiSAッ子祭 ちょこ×n」の季節でございます。

ということは毎年恒例のLiSAのライブのマナー論争が1年で最も活発になる時期。

いい加減皆さん飽きてきて今年はもうないだろうと思ったら今年も色々論争が巻き起こっていたので筆者の考えなど諸々を記事にしてみました。

尚、記事タイトルは今をときめく炎上ブログから持ってきてますがこの記事は決して炎上を目的としたものではありません。

スポンサーリンク

この記事を執筆している段階では2017年のLiSA FCイベント3公演の内、2月3日の名古屋ダイヤモンドホール公演と2月5日の梅田クラブクアトロ公演が終了済み。マナー論争が沸き起こっているのは主に梅田公演の方。名古屋は名古屋で「イエッタイガー!!🏠🐯」が入ったどうのというのがあるみたいですがずっと前からあったような気もするのでここでは敢えて触れず。

今年は筆者は参加していないので(推し曲のAxxxiSをやってて涙を流しながらタオルを噛み締めていますが)外野の立場から言うのもどうこうとご意見をあるとは思いますが、毎年同じ論議を繰り返していてあまりにもくだらないと感じているので敢えて書きます。

梅田で起こってたことをまとめてみると

  1. 最前の女性がおまいつに剥がされた
  2. いつものモッシュ論争

というシンプルな構図。

ただ1番に関しては体調を崩してしまったようで楽しみにしていた公演で体調を崩す羽目になってしまったこと、本当にかわいそうだと思います。

で、毎回恒例のアーティスト直リプなども多数発生したためにLiSA本人も反応する形に。

あんまり言いたくないですけどポエムみたいな長文書いてる暇あったら自分の口でしっかりとした方向性を示して欲しい。

何年間、何回同じ話題繰り返して同じような反応をし続けるんだろうか。このままじゃ正直このマナー論争は延々と続くんじゃないでしょうか。

今のライブ、東京で売れてまでやりたいライブだったの??と思うわけです。

最前剥がしのおまいつ君にだって「いつも同じ顔見せてんじゃねぇよ」ぐらい言っちゃえばいいんじゃないでしょうか。

少なくとも最前ドセン剥がしに来るやつはほぼ限られていまして、いつも前にいるのはだいたいがチケット大量に買い占めてて良番引いてるような人たち。

良番引くのは努力の結果だから文句のつけようがないですけど剥がしは良くないです。そんなもん一々毎回前来んなって追っ払っちゃえばいいんです。

筆者も「潰されたくないなら前来るんじゃないよ」って言う考え方をしていますが、200番台が最前にいるのは誰が考えてもおかしいです。そんなやつに一々人権を与える必要なんてないですし、力で剥がしにかかってきてるなら周りも力で守ってやれよと思います。何されても文句言わない覚悟で突っ込んできてるんでしょうから拳飛んできてもそれは自業自得なんですから。

話のベクトルが大分ずれちゃいましたが、毎年毎年こういう論争が起こっちゃうのはLiSAの客層の幅広さも一因だと考えています。

アニメのタイアップ曲でもかなりの数のヒット曲があるのでアニメから入っている客も多いですし、最近はフェスによく出演している関係でフェスから入ってきている客も多い。

そしてアニメ→LiSA→邦ロックの流れをたどる客もいる。

この幅広い客層は基本的にライブの楽しみ方が全然が全然違うので基本的にわかり合うことはないだろうというのが筆者の考え。そういう意味ではLiSAの現場というのは非常に扱いの難しい現場だと思います。

例えば、前者は「モッシュ・ダイブ禁止」という文字を字面通り受け取るでしょうし後者は主催者が事故に対する責任を負わないための予防線と考えるでしょう。

名古屋で開催された「デラロックフェスティバル」の注意事項 引用元:でらロックフェスティバル2016

フェスとかでもやっぱりモッシュダイブってレギュレーションでは禁止されているんですよね。

でも現実にはモッシュが起こりますし、こうやって柵前にセキュリティ完備&マットまで敷いてあるところがあったりするわけです。

「モッシュ・ダイブ禁止」を字面通り受け取る人たちはこういうところからもLiSAは客を引っ張ってきちゃっていることはある程度頭のなかに入れておく必要があると思います。

言ってもどうにもならない文句を言い続けるよりも、モッシュピットから離れた場所に移動するなど自分の身は自分の身を守る努力をしたほうが速いです。

実際、毎年のように文句出てても何も変わらないじゃないですか。

初めて参加する人には残念ながらこの記事が届くことはないでしょうけれども、これだけネットで色々調べられる時代になったんですから事前に調べないんでしょうか。

少なくとも筆者は何年も前に初めてオールスタンディングのライブに行った時は色々調べてから行ってました。なんで事前に調べてこないのか筆者には理解がし難い。

前行ったら他現場でもまず見ないようなキツイ圧縮で潰されるなんて情報はいくらでも転がっていますし(あそこに入っていって楽しめる神経が筆者にはわからんのですが)モッシュだって起こるって書いてあるんですから、じゃあそこで自分はどうしようかっていうのを考えるべきだと思うんですよね。

そして、自分の楽しみ方にあった場所をとったら後はひたすらステージ上のパフォーマンスに集中する。客が見るべきものは演者のパフォーマンスであって周りの客があーだこーだとかそういうことじゃない。

決して安くはないチケット代、払って参加しているなら思う存分楽しみたいと思いませんか。あーだこーだ言っても残念ながら何も変わりませんよ。

2017年こそこの不毛なマナー論争に終止符を打つ年にしませんか?

長くなりましたが、最後にこれだけ。

これだけ大きな規模の現場になっちゃった以上、もう「愛と思いやり」なんて抽象的な言葉で色々抑えようとするのはもう無理があると思います。

記事消されちゃってますが、OLDCODEXのようにアーティスト側からしっかりとした見解を示して欲しい。

そして筆者はこの頃のLiSAがまだ生きていることを信じています。

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です