藍井エイル武道館ラストライブ1日目のセットリストと会場推しの筆者が感じたこと

スポンサーリンク

本日、2016年11月4日は藍井エイルの事実上の引退ライブとなる武道館2daysの初日でした。

筆者は昨年の武道館は行ったものの今年は会場推し(会場に行くだけ行って中には入らないこと)をしました。

この記事ではセットリストのご紹介と筆者のこの公演に感じたことを少々書き連ねていきます。

スポンサーリンク

藍井エイルの5年間を詰め込んだセットリスト

武道館初日のセットリストは以下のとおりです。

アンコールを含め24曲、アンコールまではほとんどMCが無い公演との報告を受けています。

  1. シリウス
  2. AURORA
  3. コバルト・スカイ
  4. アヴァロン・ブルー
  5. GENESIS
  6. アカツキ
  7. クロイウタ
  8. KASUMI
  9. Lament
  10. MEMORIA
  11. HaNaZaKaRi
  12. アクセンティア
  13. レイニーデイ
  14. シューゲイザー
  15. シンシアの光
  16. ラピスラズリ
  17. IGNITE
  18. Bright Future
  19. サンビカ
  20. INNOCENCE

EN

  1. frozen eyez
  2. ツナガルオモイ
  3. 虹の音

 

プレデビュー曲である「frozen eyez」から最新のシングルまで織り交ぜたまさに5周年の集大成と言えるセットリストであったのではないかと思います。

少し曲の順番に違和感を覚える部分もありますが、ラストライブですしこれはこれでいいのではないでしょうか。

ラピスラズリを前のに持っていけばシューゲイザーあたりからの流れはまさにヤバイとしか言いようがなかったのかなぁと。

こんな感じで終わってほしくなかった

wp-1478268460789.jpg

これが筆者の感想です。

8月にイベントが中止、以降の予定もキャンセルという発表の以降しばらく音沙汰なしという状況が続きました。

今回の武道館公演の開催が危惧される中、公演まで1ヶ月を切った10月14日に発表されたのは本武道館公演を最後に無期限の活動休止に入るということ。また、ファンクラブの終了も同時に案内されました。

ライブタイトルも修正が間に合わなかったんでしょうが「5th Anniversary Special Live」と「Last Blue」が全く噛み合っておらずグダグダな感じしかしません。

今回、筆者が武道館2daysに行かなかったのは、「自分の中での藍井エイルは最後まで最高のパフォーマンスを披露してくれるアーティストであって欲しかったし、その像をいつまでも記憶に焼き付けたかったから」です。正直こういった状況下での公演を観に行くことで自分の中での藍井エイルというアーティスト像が上書きされるのが怖いということがありました。

結果的にAnime Festival Asia 2016 Thailandも出演をキャンセルされたことで筆者が最後に藍井エイルの現場に足を運んだのは4月頭のZepp Tokyoでの公演になってしまいました。

今回の無期限活動休止で事実上の引退となってしまったのは非常に残念でありますが、アンコールまでの21曲をMCを入れずにやりきるだけの力を残していることは示してくれています。

「藍井エイル」でなくても構わないのでいつかまた、そのパフォーマンスで我々を圧倒してくれる日が来ることを願ってやみません。

明日は「藍井エイル」としてステージに立ってくれる最後の日。行く方は最後の最後ですので思いっきり楽しんできてください。

ただ、やっぱり筆者としてはこんな形で終わってほしくなかった。ただそれだけです。

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です