大勝軒で二郎!飯田橋大勝軒の豚麺を食す

スポンサーリンク

大勝軒といえば何を連想するでしょうか?

多くの方はつけ麺や中華そばを連想するのではないでしょうか。

二郎系ラーメンが流行っている今日、大勝軒でも二郎インスパイアのラーメンを提供するお店があります。

それが今回紹介する飯田橋大勝軒です。

まずは場所のご紹介

飯田橋大勝軒は仮設中の飯田橋駅西口から徒歩3分のところに位置しています。

目印としては富士見協会のすぐ裏手になります。

営業時間は11:00〜20:00なので夜に行こうとする際は注意が必要です。

スポンサーリンク

 

メニュー

20161024_122300.jpg

お品書き

豚麺は3種類。700円の小豚、800円の豚麺、900円の大豚となっています。

小豚でも欠航なボリュームがありますので食べる量に自身のない方はこちらをチョイスしましょう。

ちなみに大豚は力士級の方でないと食べきれないのではないかと感じてしまうほどの量が来ます。

筆者は常に豚麺をチョイス。

小豚を注文するとお店のおばちゃんに席を案内される際に「子豚の方」と呼ばれますのでMっ気の強い方は小豚をチョイスするのもいいかもしれませんね。

ちあみに大勝軒ということで普通に中華そばやもりそば(つけ麺)をチョイスする方もいらっしゃるかと思いますが、大盛りにするのはおすすめできません。大勝軒は量が多いことでも有名ですが飯田橋大勝軒が持ってくる量の多さは正直異常だと感じています。

実際に食べてみて

wp-1477432919270.jpg

食べてみた感想としては

  • スープ…大勝軒ということもありとても美味しい
  • 面…極太麺でスープのがしっかり染み込んでいて美味
  • お肉…10回に1回ぐらいの割合でとても美味しい

という感じで100点中90点ぐらいだと感じています。

ちなみにここのにんにくは特に臭うのでお仕事中の方やあとに予定がある方はにんにく抜きをおすすめ。

にんにくを入れると大変なことになる

にんにくを入れると大変なことになる

1回試しに入れてみたらマスク3枚でも防ぎきれず周囲に多大な迷惑をかけてしまいました。

以上が飯田橋大勝軒の豚麺のレポになります。

飯田橋近辺に用事がある際はぜひ足を運んでみてください!

 

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です