タイのtrue moveで3CCAを確認。非常に快適な通信環境で利用可能に。

スポンサーリンク

f:id:ak1aims:20160823231102p:plain

8月にタイを旅行した際に現地のキャリア「true move」にてCAを確認したので簡単なレポ。

スポンサーリンク

使用している周波数

2016年8月現在true moveが使用してる3G、LTEの使用周波数は以下のとおり

3G(W-CDMA方式)…B1(2100MHz)&B5(850MHz)

LTE(FDD-LTE方式)…B1(2100MHz)&B3(1800MHz)&B8(900MHz)

なお、LTEで運用されている周波数幅は以下のとおり

B1(2100MHz)…10MHz 下り最大75Mbps

B3(1800MHz)…15MHz 下り最大112.5Mbps

B8(900MHz)…5MHz 下り最大37.5Mbps

尚、true moveはLTEのカバレッジNo1を売りにしていますが、実際にバンコク市内では建物内も含めてほとんどLTEで接続していたのでかなり快適に利用できた印象。

3CCA対応で通信速度もかなり快適

f:id:ak1aims:20160821110714j:plain

スクリーンショットはバンコク市内で3CCA環境下で通信した際のもの。

B3-B1-B8のCAとなっており、帯域幅の合計は15MHz+10MHz+5MHz=30MHzとなり、この場合の下り最大通信速度は225Mbpsとなる。

f:id:ak1aims:20160823232932j:plain

3CCA環境下ではSpeed testにおいて100Mbpsを越える通信速度を記録することもあり、非常に快適なモバイル環境を利用することができ大満足。

屋外局、屋内局を問わずCA接続となることが多かったのが非常に好印象。

残念ながらdocomo端末の場合B8のLTEに対応していない機種がほとんどなのでtrue moveの3CCAは利用できないが、B1-B3乃至B3-B1のCAは利用できるのでタイで現地SIMを購入する際はtrue moveのSIMカードを購入することをおすすめしたい。

タイ入国の際に多くの方が利用するであろうスワンナプーム国際空港でのtrue moveのSIMカードの購入方法はしまじろーさんの以下の記事を参照されたい。

【タイ】スワンナプーム空港でTrueの4G LTE対応プリペイドSIMを購入! | shimajiro@mobiler

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ!

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です