元販売員が用途別におすすめしたいWi-Fiルーター5選

スポンサーリンク

モバイルブロードバンドの普及に伴い自宅で固定回線を使っていないという人も増えてきていますが最近は「ドコモ光」などのセット割でお得に固定回線を導入できる環境になってきました。

最近はスマホを持っている方がほとんどだと思いますが、必ず必要になるのがWi-Fiルーターです。

ただ、家電量販店に行けばわかりますがWi-Fiルーター自体たくさんあるので「どれを選べばわからない」という方も多いかと思いますのでおすすめのルーターをまとめてみました。

スポンサーリンク

安めのエントリーモデル

Youtubeの動画サイトの閲覧など普通にネットを使う分にはこのあたりで十分です。

1,980円と安価

一人暮らしをする広さであれば十分カバー

アプリからの簡単に接続設定ができる

横置きもできるので置く場所を選ばない

有線は1Gbpsまで対応で速い

アプリから簡単に接続設定ができる

快適に使いたいのならばミドルレンジモデル

エントリーモデルは使用する周波数帯が2.4GHz帯のみとなっており、電子レンジによる干渉やそもそも最近は無線LANルーターを使っている家庭が多いのでルーター同士の電波干渉で速度が遅くなってしまう場合があります。

そういった場合は5GHz帯に対応しているミドルレンジモデルがおすすめです。

Amazonベストセラー商品

無線部分も最大866Mbps対応で高速通信が可能

11ac対応で無線通信が途切れにくい

もちろん簡単に接続設定が可能

2階建て以上の戸建て住宅では

基本的にエントリーモデルやミドルレンジモデルはワンルームや平屋のマンション向けの商品。

戸建てですとルーターを設置していない階へは電波が届きにくいというデメリットがあります。

そんな時は少しお値段はしますがハイエンドモデルがおすすめです。

 2階建てまでの戸建てに対応。

無線LANが最大866Mbps対応で高速通信が可能

値段も1万円以下でお得

3階建て以上や店舗の場合には

Wi-Fiを飛ばす範囲がかなり広くなるのでそれなりの物を揃える必要があります。

無線LANが最大1300Mbps対応で高速通信が可能

可動式アンテナで特定の箇所を狙ってWi-Fiを飛ばせる

動画閲覧など通信内容によって優先順位を決められるのでより快適に通信が可能 

どうしてもWi-Fiが届きにくい場所には

建物構造などでどうしてもWi-Fiの電波が届きにくくなってしまう場所というのは存在します。

そんなときはWi-Fi中継機がオススメ

お値段3,150円と安価

Wi-Fiが届く場所に設置すれば届きにくい場所にもしっかりと中継が可能

以上、こんな感じですがメーカによってデザインも様々なので是非お気に入りの一台を見つけてみてください。

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です