春秋航空日本が8月5日正午より成田〜新千歳間片道500円の就航記念セールを開催

スポンサーリンク

f:id:ak1aims:20160805100701p:plain

格安航空会社である春秋航空日本は8月20日より成田〜新千歳線を開設することに伴う就航記念セールを本日8月5日正午より開催します。

スポンサーリンク

対象期間

対象となる期間は就航日の8月20日から10月27日まで。

販売される期間は8月5日正午から8月6日24時までの36時間となっています。

運航ダイヤ

春秋航空日本は成田〜新千歳間を片道1便ずつの計2便を毎日運航する予定となっています。ダイヤは以下のとおり

・成田→新千歳

IJ661便 成田07:15→新千歳08:55

・新千歳→成田

IJ662便 新千歳09:40→成田11:15

成田と新千歳をいずれも午前中に出発し午前中の内に到着するダイヤが組まれており、1日1便のみ就航する路線としては無難な時間帯を選択したという印象。

尚、春秋航空日本の搭乗手続きの締め切りは出発時刻の35分前までとなっており、IJ661便で新千歳に向かう場合は6時40分までにチェックインを済ませなければならないため注意が必要。

東京駅→成田空港間でも1時間はかかるため事前に空港に前泊するか東京駅近辺で前泊し遅くとも5時発のバスに乗ることをおすすめします。

幸い第2ターミナルに仮眠に最適なエリアもあるのでこちらを利用するのがおすすめ。

www.aims-trip.info

総費用について

春秋航空日本では運賃とは別に支払方法にかかわらず、430円の支払手数料がかかります。

加えて空港施設使用料として380円がかかるため、運賃と合わせた総費用としては

1,310円 となるかと思われます。

通常の運賃が5,570円〜と発表されていますので今回のセールを利用した場合通常の4分の1とかなりお得な運賃で予約が可能です。

まとめ

成田空港〜新千歳空港間には既にジェットスター・ジャパン、バニラエア、Peach Aviationの3社が路線を開設しており、春秋航空日本で4社目となります。

東京〜札幌を結ぶドル箱路線ではありますが、供給過多による消耗戦が起きないか多少心配になるところです。

詳しい情報などは春秋航空日本のWEBサイトをご覧ください。

Spring Japan 春秋航空日本公式サイト

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ!

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です