初めての海外旅行には台湾がオススメ!

スポンサーリンク

f:id:ak1aims:20160705225716j:plain

海外に行きたいけどどこに行くか決めかねている方も多いと思います。

また、音楽やサブカルが趣味な方には海外のイベントに行ってみたいけどどうも足を踏み出せずに迷うという方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回はイベントに参加するために海外遠征を繰り返す筆者が、初めての海外旅行やイベントでの遠征に台湾をおすすめする理由といくつかのアドバイス。

とにかく航空券が安い。LCCが多数運航。

f:id:ak1aims:20160711200847p:plain

日本↔台湾間にはLCCが多数運航されており、セール期間中などはかなりお得に航空券を購入することができます。

上の写真は東京↔台北間の10月の最低運賃を調べたものですが、なんと往復で12,000円台からと夜行バスで大阪を往復するぐらいの代金で台湾旅行にいくことが可能となっています。

また、便数も成田↔桃園間に限っても計42便が運航されており、スケジュールに合った便を選択可能となっています。

筆者としては片道でも安い運賃で予約可能なLCCがおすすめです。(レガシーキャリアの場合往復購入が割引の前提となっており、どうしてもフライトの時刻に合わせた旅程を組まざるを得ないため。

とにかく近い

東京↔桃園間を運航するフライトの場合、成田→桃園間は約3時間50分、桃園→成田間は約3時間のスケジュールが組まれています。冬季は偏西風が強くなるため成田→桃園間は所要時間が伸び、逆に桃園→成田間は時間が短縮されます。

高速バスの場合、東京と名古屋だけでも4時間以上はかかりますから高速バスに乗って名古屋に行くような気分で台北に行くことができます。(職場の同僚にはこの理論はまったく理解されず)

治安がいい方である

台北市内であれば治安はかなり安定していますので夜道を1人で歩いても問題ありません。(路地などは別ですが)

もちろん、外国ですのでスリなどに遭うと帰国するのも大変ですので警戒をし続ける必要はありますが、MRTの中でスマフォを取り出していじっていても奪われるような治安状況ではありませんので、終始安心して旅行?を楽しむことができます。

KLセントラル駅でGALAXY Noteの盗難にあった | shimajiro@mobiler

※慣れた旅行者でも東南アジア諸国ではスリに遭うことがあるので気をつけましょう。

日本語が通じやすい

筆者は日本語と英語しか喋れませんが、台湾では特に言葉で不自由した印象はありません。市中の店でも日本語を喋れる人が意外と多く、逆に英語はそこまで通じない印象。

タクシーの運転手に「Taoyuan airport」が通じないこともあるぐらいでした。

また、イベントに参加するために〜という場合は大抵イベント会場に行けば誰かしら日本語が通じるのでそこで色々と情報を仕入れることができます。

海外旅行保険には忘れずに入っておこう

カード付帯の旅行保険などもありますが、現地で一度決済する必要があったりするので別途海外旅行保険に加入することを強くおすすめします。

加入する場合は空港で契約するのではなく、事前にネットの海外旅行保険がおすすめ。

筆者は安価という理由でエイチ・エス損保を利用しています。

初めての時はガイドブックを持って行こう

筆者は最初から持って行かなかったですが、緊急時の連絡先や交通機関の利用方法などの掲載があるのでガイドブックを持っていくのがおすすめです。

ベタですが長期間発行されていて内容もしっかりまとまとまっているので地球の歩き方がおすすめ。

最近は書籍版だけでなくKindle版 も販売されており、日本で事前にダウンロードしておけば現地でネット環境がなく閲覧ができ、嵩張ることもないのでおすすめ。

現地での通信手段は

移動中現地のフリーWi-Fiだけで乗り切るという猛者もいますが、レンタルWi-FiなりSIMフリー端末を利用している場合は現地でプリペイドSIMを調達するのがおすすめ。

f:id:ak1aims:20160711204409p:plain

GLOBALDATAで台湾のWi-Fiを3日間レンタルした場合3,450円

尚、基本的に料金はプリペイドSIMの場合3日間で300台湾ドル(おおよそ1000円)のプランが販売されており、利用している端末がSIMフリーの場合はプリペイドSIMを調達するのがおすすめ。

その際、携帯電話に刺さっているSIMは現地のものとなり、日本の番号は利用できなくるので注意。

f:id:ak1aims:20160711204908j:plain

 ※桃園空港のSIMカードカウンターの様子。各事業者のコーナーが一つのカウンターにまとめられており、比較がしやすい。尚、大陸からの便の到着時間と被ると大混雑しているのでスケジュールには余裕を見たほうがいい。

台湾のSIMカードに関しては

台北の空港、市内で買えるプリペイドSIMカードまとめ – 2015年5月版 | shimajiro@mobiler

がよくまとまっていてわかりやすいので事前に一読することをおすすめする。

まとめ

色々書いたが筆者が海外遠征に台湾をおすすめする理由は「安い・近い・安全」の3点。

周りの話を聞いていると海外遠征には心理的な抵抗があるようだけれども、一度やってしまえばなんてことはないので是非推しを求めて海外に飛び出して欲しいと思っている。

尚、東京シンガポール間は片道で約5500kmであり、往復にすると約3000里となるため、筆者はシンガポール遠征のことを「推しをたずねて三千里」と言っております。

周りにはあまり理解されないのが残念。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ!

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です