Samsung日本法人が安全対策済みのGalaxy Note7も返金対象に

スポンサーリンク

f:id:ak1aims:20160803205959j:plain

本日販売と生産の打ち切りが決定したSamsungのGalaxy Note7ですが、日本法人が安全対策済みのGalaxy Note7を返金の対象とするとのこと。

これは筆者が10月11日の午後に前日購入したGalaxy Note7の今後の処遇について相談したところ、Galaxyカスタマサポートの担当者から回答を引き出したもの。

筆者がカスタマーサポートに確認したのは以下の2点。

問1)Samsungグローバルでは安全対策済み、未対策を問わずGalaxy Note7の使用中止を呼びかける事態になっている。日本法人においても未対策品は既に返金の対象としていることを承知しているが安全対策済みの製品に関しても返金はかのうか?

答1)(確認の上保留になった上で)安全対策済みの製品に関しても返金の対象としている。フローは未対策品と同様。

問2)個人の代行購入で購入を証明するレシートが1枚綴りになっている。個別に返金の対応をしていただくことは可能か。

答2)購入証明書類が1枚にまとまっている場合はまとめて対応をしたい。

とのこと。

筆者の場合フォロワーさんに頼んで購入をお願いした経緯があり既に日本に製品は持ち込まれている状態であるが、個々に返金をお願いするのは多少ネゴが必要かなという印象。

消火器まで準備してGalaxy Note7を待ち構えていた筆者であるが、Samsungが製品の生産、販売を打ち切り使用停止を呼びかけていることで万が一使用して発火に至った場合、自己の責任を問われる可能性が高く、ここは大人しく指示に従うしか無いかなといったところ。

販売を打ち切ったことで言語のソフトウェアアップデートも一切望めないのも大きいですね。

Galaxy S7 edgeがいい端末なだけに今回の件は本当に残念であるがGalaxy S8には期待したいところ。筆者の場合Note7を購入した理由がSペンよりも虹彩認証やUIなのでS8がそこをしっかりと搭載してくれれば文句はないので…

今更ですが安全対策済みって言い方安全じゃなかったんですから不適当ですな…

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ!

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です