SamsungがGalaxy Note7の販売を打ち切りへ

スポンサーリンク

リコール後もバッテリーの発火事象が再発したGalaxy Note7ですが恒久的な販売停止となる模様です。

ウォールストリートジャーナルの報道によると製造であるSamsungが11日にGalaxy Note7の販売を全て打ち切ると発表しました。

同機種を巡っては1度目のリコールではバッテリーの製造不良が原因とされていましたが、リコール後もバッテリーの発火が報告された他、当初対象外とされたモデルでも発火が報告されるなどバッテリー以外の原因を疑う声が上がっていました。

1度目のリコールで原因を特定しないまま交換と販売を再開したことでSamsungのブランドイメージの低下は避けられないものと思われます。

筆者としては昨日購入したばかりなだけに非常に残念なところ。

S8をしっかり安全な製品として販売してくれることを願っています。

Source:ウォールストリート・ジャーナル

スポンサーリンク

この記事を他の人に勧める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です